%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%

社団法人、立ち上げます!

宮野公樹 〈info@steam-association.jp

TO:山極先生

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%

2021年5月10日(15:08)

図1.png

 先程は、有益なディスカッション、ありがとうございました!

実は、お知らせしたいことがもう一つあります。

今度、社団法人を立ち上げることになったんですよ。

​その名も「一般社団法人 STEAM Association」。


「STEAM」はご存知でしょうか? その説明は後ほどするとして、

とにかく、この社団では「ほんとうの学び」をコア・コンセプトにし、

いうなら「学ぶために学ぶ」っていう場を作るのがねらいなんです。

この「学ぶために学ぶ」ってのがなかなか難しい!​

​どうやら今日、「学ぶ」ってのは目的が無いとダメみたいな感じになってます

(例えば、昇進や資格や単位のためであったり) 。

今、この時代を生きる我々は、「学ぶことが何かを得ること、新たに何かを身につけること」、

というようについ考えがちです。でも、ほんとうの学びには目的はいりませんよね。むしろ学ぶことが目的なんです。

いうなら、好きだから学ぶ! 好きで学ぶ! です。

自分の成長やスキルUPも大事ではありますよ、もちろん。でも、それらを超えたところで、自分自身の感覚や感情、もっというと「自分の在り様(よう)」ってのを軸にして学ぶってことが、最近忘れられてるよなーって感じるわけです。

世界的パンデミックで我々が気づいたこと、例えば、都会大好きゲームも、金持ちゲームも、大企業就職ゲームも、学歴ゲームも、だんだん疑われてきてますよね。DXの進展もあいまって〈予測不能のなんでもあり社会〉をむかえ、結局、我々って何がしたかったんだっけ?っていう問いが見直されてると思うんですよね。

特に、今、大学の研究者は、この「ほんとうの学び」から

遠ざかってしまっているように思えます。

今、大学の研究者は、過度な業績競争やマネジメント業務などで、研究の道を志した頃の初心というか、それをなかなか思い出せない状況にあると思ってて、これはちょっとまずいんじゃないかと。学会組織も、がんばっているところもありますが、未だ旧態依然としたところが多いんですよね。つまり、今、大学でも、学会でも、なかなか本質的な話ができにくくなってますよね、残念ながら。

そこで、

====================

全国の「学ぶために学ぶ、好きで学ぶ(=ほんとうの学び)」を求める研究者をつなげ、分野も、組織も、世代も超えたところで学びあい磨きあうコミュニティをつくる!

====================

と考えたのです。

もちろん、間口は広くし、このような研究者の学び合いに関心ある様々な活動を行う多様なアクターもまきこみ、業種も超えて「学び合う磨きあう」人たちが拠って立つことのできるコミュニティを構築し、対話と問い直しを継続的に行いたいと考えています​。

「で、どんな学びするの?」って疑問がでてくると思いますが、

当社団では、学びの柱の一つに「STEAM」を置くことにしたんです。

STEAMとは、Science、Technology、Engineering、Art、Mathematicsの頭文字で、

現在、「STEAM教育」というのは、世界各国において分野融合型かつクリエイティブな理工系人材を育成する目的の下に推進されています。

​でも、早とちりしないでくださいね。

この社団法人は、我が国のSTEAMを振興します! なんて、安易には考えていません。

 

だって、今、STEAM!STEAM!って叫んでても、時代が変われば、またBEYOND-STEAM、とか、Next-STEAMなんていうだすかもしれませんでしょ? 

いったい、こういうスローガンと言うか、キャッチフレーズって、いったいどう受け止めればいいんでしょうね。

当社団では、具体的には、関心ある研究者が集まっていくつかのWGを作って対話をしていきたいなと思っています。

例えば、西洋的視点であるSTEAMを東洋的視点から見つめ直すWGとか、学問分野や業種の分岐をさかのぼるWGとか、学びって何?をそもそも考えるWGとか!!

こういうWGを通じて、研究者らは(そして、その場に関わる企業人や一般の方々は)、自分の専門や業種を超えて対話し、純粋に学び、楽しむ。

結果として、それは本メールの冒頭に話した、自分の在り方、在り様に自覚的になることだと思うんです。

当社団では、そういう本質的な学びを「アンラーニング」と定義します。

『え? なんで学ぶことを否定するの? 学ばないってこと?』

​と、思われたかもしれませんが、しいていうなら、

それこそが学ぶ目的になりうると思ってます。

協力してくれる研究機関や受け入れ企業、行政など、たくさんの調整が必要です。

スタッフももっともっと欲しいですが、何より、これを面白がってくれる研究者や応援してくれる人・組織がもっともっと増えればいいいと思ってます。この社団の活動のもう一つの裏目的もありますし、メンバー一丸となってがんばります!

最後になりますが、今、この活動に関心ある研究者を募ってる最中なんです。

もしお心当たりがあれば、その研究者に本メールを回して頂き、ぜひともこちらから研究者登録を依頼してくださいませ!(なお、高専から名誉教授まで、独立研究者から国研研究者まで、もちろん企業研究者も可です)

それと、研究者以外の、一般会員、組織会員も絶賛募集中です! 

会員になることで、この研究者らの本気の対話に混ざることができ、きっと学ぶこと多いと思います。あ、ボランティアスタッフ絶賛募集中でした。

どなたかおられたらぜひとも!

なお、代表理事は、一応、僕、宮野公樹(京都大学学際融合教育研究推進センター准教授)。
個人紹介のページはこちらにあります。
それと、頼もしいメンバーがこんなにいます!
代表理事代行    :古谷・・・さん
事務局長    :島田・・・さん
事務局長代理    :青木・・・さん
事務局長代理    :中島・・・さん
事務局長代理    :西川・・・さん
プロヂューサー: 脇水・・・さん、杉山・・・さん

以上です。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

 

今後ともよろしくお願い申し上げます!

​お問い合わせ等ありましたらなんなりとこちらから。

======================

 一般社団法人 STEAM Association 

  東京都渋谷区渋谷2-16-8

  代表理事 宮野公樹